事務所概要

社名 R1探偵事務所(アールワンタンテイジムショ)
代表者藤田一郎
フリーダイヤル0120-788-011
事務所探偵業届出証明書の番号所在地
東京オフィス東京都公安委員会
第30190196号
東京都豊島区東池袋3-20-9 宏和ビル4F-7
埼玉オフィス埼玉県公安委員会
第43070005号
埼玉県上尾市小敷谷604番地25 2F
神奈川オフィス神奈川県公安委員会
第45180052号
神奈川県茅ヶ崎市汐見台2-10

浮気調査に携わって30年が経ちました。

【夫や妻の浮気調査に限定!】
浮気調査のご依頼は、調査対象者と夫婦関係かそれと同等の関係の方、又は親族に限りお受けしております。恋人の浮気も非常に苦しいと思いますが、夫や妻の浮気はそれ以上に深刻な問題です。離婚・慰謝料・子供のこと・これからの生活等、考えなければならないことがたくさんあります。当事務所では、良い浮気調査を提供するために調査員を厳選しているので、1日に実施できる調査は2件が限界です。そのことから、より深刻な夫や妻の浮気調査を優先させていただいております。

【沿革】
1984~1992年 大手探偵社などで調査に従事
1997年 探偵事務所を個人経営
2001年 名称「アールワン」として埼玉相談室を設置
2007年 埼玉県で公安委員会に探偵業届出
2018年 神奈川県で公安委員会に探偵業届出
2019年 東京都で公安委員会に探偵業届出

調査料金の高騰を抑える努力

弊社では調査料金の高騰を防ぐため、相談室の維持費を低く抑えています。
ご依頼者とゆっくりお話しできる環境だけを考えていますので、綺麗で立派な事務所でなければ信用できないとお考えの方は、他の探偵事務所へご相談ください。

浮気調査の料金は探偵事務所によってバラバラですが、決して安いものではありません。
それは、プロの探偵が基本2名以上で行う完全なオーダーメイド商品であるという理由もありますが、そのほかに「探偵事務所が負担する高い経費」が原因となっています。

広告費

インターネットが普及する前の探偵事務所の宣伝方法は、電話帳(タウンページ)が絶大な影響力を持っていました。
もちろん小さな広告スペースよりも、1ページといった大きな広告のほうが反響があります。
1ページ広告は非常に広告費が高いのにもかかわらず、いくつかの大手探偵事務所が何ページも掲載している状態でした。
しかも、電話帳はいくつもの地域に分かれていましたが、それらすべてというほどに掲載している探偵事務所も少なからずありました。
これでは調査料金が高騰するのも当たり前の話です。

現在ではインターネットが普及し、WEBサイトで探偵探しされる方が多くなってきました。
このインターネットの世界でも、調査料金高騰の原因が出始めています。
誰でも低料金でWEBサイトを掲載できることは、電話帳に比べれば良くなったとは思いますが、そのサイトをご依頼者に見つけてもらわないと意味がありません。
その方法に高額なお金が必要になるケースがあります。
例えばYahoo!やGoogleなどで検索すると、検索結果画面の上部や右側に「スポンサーサイト」の欄があり、そこに掲載されるには有料となります。
そこに掲載されている会社をお客様がクリックすると課金される仕組みで、検索キーワードの種類によってその金額が違ってきます。
「探偵」「探偵事務所」「浮気調査」といったビックキーワードは、ワンクリックされるだけで高額な宣伝料金が発生しますが、あなたが考えるよりも何倍、何十倍もの金額に驚かれることでしょう。
ビックキーワードで検索したスポンサーサイト欄に掲載されている多くの探偵事務所のサイトには、詳細な料金表が掲載されていないのにもうなずけます。
また、スポンサーサイト欄以外のところに上位表示されるにはSEO対策が必要になり、それをプロの業者に頼むと莫大な費用が必要になります。

当事務所では、上記のような広告費は一切かけない方針です。
電話帳も一行無料で載っている状態ですし、WEBサイトの有料広告も一切出しておりません。
SEO対策も、独学によりスモールキーワードで何とか上位表示できているといった状況です。(ビックキーワードでの上位表示はSEO素人の私には難しいですが、何とかこのWEBサイトにたどり着いていただいたあなたを大切に接していきたいと思います。)

事務所家賃

弊社本店は埼玉県上尾市にありますが、ご依頼者とゆっくり面談ができることだけを考え、安い維持費で運営しております。
また、神奈川県茅ケ崎支店を2018年10月に設立しましたが、月々の維持費はかかりません。

4つの正直

1.正直に無駄な調査を省くためのご提案をいたします

浮気調査を探偵事務所に依頼することは、一生に一度あるか無いかであり、探偵事務所側からすれば、初めてご依頼をしていただけた方とは、これが最初で最後の契約の可能性が高いということです。
つまり、ひとつのご依頼が非常に貴重ということです。
そのような背景から、一件の浮気調査をなるべく長く実施して、料金を上げようとする探偵事務所も少なくありません。しかし、意味のない長時間の張り込みや、浮気相手と接触の無いときの調査は、対象者や近隣住民に警戒される可能性が高まり、また調査員の集中力・体力を無駄に奪ってしまい、『完璧な不貞行為の証拠収集』を目指すことに支障をきたしてしまいます。
そのため弊社では、無駄な調査を省くための方法を正直にご提案するとともに、あなたと一緒にそのことについて考えながら調査を進めていきたいと思っています。

2.理想の調査方法を正直にお伝えし実施します

調査契約を解除されたくないという感情から、冷静な判断ができていなかったり、浮気調査のことを知らないご依頼者の言いなりになってしまう探偵事務所も多いと聞きます。
しかし弊社では、『対象者に気付かれずに、そして調査料金の高騰を抑えながら、完璧な不貞行為の証拠を収集する』ということを第一に考え、正直に調査方法をお話いたします。
もちろん、あなたの気持ちを尊重しながら、一緒に考えていきたいとも思っています。

3.浮気調査の本当の姿を正直にお伝えします

契約前や契約後の打ち合わせ時に、浮気調査に対するマイナス部分を説明しない相談員が多くいます。
これは、調査経験が無い相談員によくありがちな現象ですが、こんなことをしていたらクレームになるのは当たり前です。
弊社では、現役の調査員でもある代表者が面談させていただきますので、正直に浮気調査の本当の姿をお話いたします。

4.調査結果、経緯を正直にご報告いたします

きわめて当り前の話ですが、これが出来ていない探偵事務所もあるようです。
よくあるのが、対象者を見失ってしまったにもかかわらず、「警戒していたので感知される前に尾行を止めた」と嘘を言うケース。
1回の尾行を見失ったからといって、それを失敗と捉えるご依頼者にも問題はありますが、浮気調査のマイナス面をご依頼者にしっかりと話していないということが一番の問題です。
弊社では、日本一正直な探偵事務所を目指していますので、調査結果・経緯はもちろんのこと、全てにおいて正直にあなたにお話しいたします。

最新情報をチェックしよう!