探偵事務所との面談で使える必殺技『クーリングオフ』

これから探偵事務所との面談をお考えの方に、必殺技をお教えいたします。

と言いましても、そんなにすごいことでは無いのですが、あなたが思っていたことと反対のことを申し上げるかもしれませんのでご了承ください。

その必殺技とは

探偵事務所以外の場所で面談する

「え〜!」と思われた方も多かったはずです。

色々な探偵事務所のWEBサイトには、「探偵事務所に直接行って面談しましょう。」と記載されている所が多く、その理由は「事務所を設けていないのは悪徳探偵事務所だから。」とのこと。

確かに事務所が無ければ探偵業の届出をしていないことになりますので、悪徳というよりも潜り業者です。

そんな業者に依頼してはいけないのは当たり前の話。

目次

探偵事務所で面談したがる理由

この「探偵事務所に直接行って面談する」の記事は、特に大手といわれる探偵社や大手探偵社を宣伝するアフィリエイターのWEBサイト内に目立ちます。

これには4つの戦略が隠れています。

  • 大手は多くの支店を構えているので、自宅近くの探偵事務所を探している方に対して有利に働く
  • 綺麗で大きな事務所は安心できると思い込んでいる方に対して有利に働く
  • 事務所で面談すれば、その場の雰囲気・情報操作・話術などにより契約に持ち込める確率が上がる
  • 事務所で面談すれば、クーリングオフ対象外となる

探偵事務所とのトラブルの中で多いものの一つに『解約』があります。

「探偵事務所での面談で、営業話術やその場の雰囲気で契約してしまったものの、冷静に考えたら、想像をはるかに超える金額で疑問な部分も多いため解約したいが、多額の違約金を払わなければならない。」というケース。

この様な後悔をしないためには、『探偵事務所以外の場所で面談する』ことが一番なんです。

それは、探偵事務所以外の場所で契約するとクーリングオフの対象になるからです。

クーリングオフ

クーリングオフとは、探偵事務所との取引は「訪問販売」になるため、探偵事務所や依頼者宅以外の場所で契約の申し込みや契約の締結をした場合は、契約した日から8日間以内であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除できる制度です。

探偵事務所の視点からすれば、調査を実施して何も問題がなくても、契約から8日間以内であれば解約できてしまうので、8日が過ぎないと調査実施できません。

探偵事務所はこの「契約〜8日」に依頼者の気が変わることを非常に恐れています。

そのため、探偵事務所での面談を行い、その場で契約に持ち込んで、クーリングオフの対象から外れたいのです。

最終結論

下記以外の方は、『探偵事務所以外の場所で契約すること』が必殺技となります。

  • 本当に信頼できる探偵事務所
  • 絶対に契約することを拒むことができる意志の強い方
  • 下調べを入念に行い、どんなに高額でもその探偵事務所と契約すると決意されている方

※探偵事務所以外の場所は周囲から話が聞かれないカラオケボックスがおすすめです。

もしも、事務所以外での面談ができないという所があれば、そことは面談しない方が良いと思います。

事務所以外で面談する場合で心配の方は、その探偵事務所が探偵業の届出をされているかを、管轄の警察署にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる